HOME  »  About Us  »  Staff

StaffAbout Us

HIRO YANAGIMACHI を担う柳町弘之とスタッフをご紹介いたします。HIRO YANAGIMACHI ではお客様とのご縁を大切に、それぞれの仕事に責任と誇りを持って、日々ものづくりに励んでおります。

HIRO YANAGIMACHI Workshop 代表 柳町 弘之  ヤナギマチ ヒロユキ

千葉県出身。London Cordwainers College 卒業。デザイナーとして自らのブランド設立を進めていたが、理想のものづくりを追求していった結果、全ての工程を自身で制作するビスポークのスタイルに辿り着く。何事においても「最善を尽くすこと」を信条に、ワークショップにおけるシューメイキングの全工程、全クオリティーの責任を負う。

代表からのメッセージ

HIRO YANAGIMACHI を設立し一人ではじめた靴づくりは、現在少ないながらも、信頼できるスタッフと共に行っております。お客様からいただいたオーダーを、お客様にご満足いただけるよう、私以下、スタッフ一人一人が気持ちを込めて、仕事に取り組んでおりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ボトム担当 小関 貴一郎  オゼキ キイチロウ

石川県出身。一生かけられる仕事に就きたいという思いから、靴づくりの仕事を志す。2004年ワークショップにて本格的にシューメーカーとしてのトレーニングを開始。書道の師範であった祖父の教えである「大胆に、丁寧に」という言葉をモットーに、現在ボトムメイキングを担当、制作の最終工程を担う。

アッパー担当 江川 このみ  エガワ コノミ

静岡県出身。制作方法の想像がつかない靴づくりに魅力を感じ、専門学校の靴コースに入学。卒業後、2008年ワークショップにてパターンとクロージングのトレーニングを開始。現在、パターンカッター兼クローザーとして、アッパー制作を担当する。「一つ一つの作業を丁寧に進めること」を心がけている。

アッパー担当 桒原 薫子  クワハラ ノブコ

東京都出身。専門学校の靴コースに在学中、ワークショップの靴づくりに共感し、卒業後2009年よりワークショップにてパターンとクロージングのトレーニングを開始。現在、パターンカッター兼クローザーとして、アッパー制作を担当する。モットーは「常に向上心を持って取り組むこと」。

ボトム担当 森山俊輔 モリヤマ シュンスケ

山口県出身。2011年からHIRO YANAGIMACHI 職人養成プログラムに参加、2015年より本格的にシュ-メーカーとしてトレーニングを開始する。現在は、主にボトムメイキングを担当するほか、前職である靴メーカーでの企画の経験を活かし多方面に活躍中。何事においてもバランスを大切にすることを心がける。

レザーグッズ担当 三枝 知子  サエグサ トモコ

千葉県出身。自分の足に合う靴がないことから靴づくりに興味を持ち、靴学校に入学。その後、2004年にワークショップにてパターンとクロージングのトレーニングを開始。アッパー制作を担当し、そのクオリティー向上に貢献する。現在靴周辺のレザーグッズの制作を担当する。「継続は力なり」が信条。

シューバッグ担当 八田 明日香 ハッタ アスカ

埼玉県出身。専門学校の靴コース在学中に出会ったハンドメイドの靴づくりという仕事に感動したことがきっかけとなり、2004年ワークショップにてパターンとクロージングのトレーニングを開始。アッパー制作担当として活躍後、現在はシューバッグ制作を担当する。モットーは「日々精進」。

レザーグッズ担当 早乙女 啓介  サオトメ ケイスケ

神奈川県出身。専門学校の靴コース在学中に柳町と出会う。卒業後、靴メーカーに勤務の傍ら、ワークショップのものづくりにも参加。外部スタッフとして、2012年よりベルト制作を担当する。ものづくりにおいては、各工程を流れ作業にせず、その意味や目的を理解し作業することを心がけている。